☆雑貨屋ガジャのオーナーブログです☆
  デザイナーです。パターンナーで、縫製人で
  雑貨屋で、時に料理人で、ケーキ屋で、
  そんな欲張りねーさんがレシピを載せつつおしゃべりをしています。
  オンラインショップLa moda de Gaya
  どうぞよろしくおねがい いたします。
Copyright ©2006-2017Gaya. All Rights Reserved.
  
☆ミントティーで☆ティータイム☆
ミントティー。生の葉っぱは冷凍してありました。
香りは摘みたてには勝てないけれど、しっかりお茶になっている物とはまた違った、
ナチュラルでやわらかな香り。
c0092953_10105553.jpg

ソーサーではなくて、コースターを置くのもなかなかいいんですヨ。

一人でずっとずっと仕事しつづける事が多い私。
パソコン前作業もオンラインショップがあるので結構多いです。
そんな時には色々に仕事しながら ティータイム。

____私的メモも兼ねて___
先日、8月17日は母のバースデーでした。
でも、母から、
「今年からはもう年はとらないの。
お祝いもしないでいいの」  宣言をだいぶ前にもらってしまう。
理由は、「お父様を年で追い越したくないから。」
亡き父と、母は5つ違いでした。
他界した父の年齢に、昨年追いついてしまった母。
母の人生は、父にひたすら尽くし、尊敬し続けでした。
精神的に追いつきたい届きたいと思い続けつつ、
叶わなかったのだと母は申します。
ゆえに、年の部分で追い越す事は嫌なのだと。
おとうさまとおなじ。あとののこりは、としをとらないじんせい。
それを心の支えにするそうです。
(祝ってくれた人の気持はきっと嬉しかったと思いますけれど)

そうなんです。
母は心身共に一緒だった年月だけでなく、
逝ってしまってからの5年間も、そして今もこれからも
まだまだ父に届きたく、
日々、父の為に生き、これからもそうし続ける・・すごいことだなぁ。
父が他界する半月前が金婚式の50年でした。
50年一緒にいてもそんな気持。
そんな出会い、も、つながりも、すごいこと。
それを見て育って来た私たちきょうだいも、
心、引き継いで大事に日々生きることができるといい。
そう思います。

この5年間、母の日々の仕事は、
作家であり、歌人であり武道家であり、
様々に講演なども重ねてきた父の軌跡を整理し、まとめること。
生前と同じように、父の仕事をフォローしつづける毎日です。

あと少しで父の5年祭命日。

さぁて、ちょっと一息ティータイム
おまけ

ちょっと思い出して笑ってしまった、母と私の会話

私「・・・・・・小栗 旬が主役だった舞台よ」
母「おぐりしゅん?・・ああ・・細木数子さんがかわいがっていた・・・」
私「???あったっけ?そんなこと」
私「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
私「それ・・・・ちがう・・・・それは・・きっと 要 潤」

おぐり しゅん・・かなめ  じゅん
母よあなたは、リズム感でインプットなさるのか・・・・・・・
そうか・・・しゅん  と じゅん   も似て居るのか・・
う~~む。

ゴディバ  は、母の頭には   デゴバ  とインプットされて居る。
でも母は英語は話せるし、発音もちゃんと・・のはず。ふふふふふ~

【ただいまのBGM】
          Six To Go / POGUES

★料理やハンドメイドレシピなどの人気記事を右カテゴリからリストで見られるようにしました★

←Today's Runkは?★ワンクリック!ご協力、ありがとうございます
★くつろげる空間とレシピ&アイディア色々そして心をいっぱい ★

【アンケート】アンケートに参加しています**新しいアンケート
★レシピご紹介の中で完成品が欲しい雑貨は?★

c0092953_539817.jpg

by gaya-san | 2009-08-23 10:58 | 思うこと | Comments(2)
Commented by もか at 2009-08-23 22:31 x
可愛いお母様ですねぇ^^
そう言えば今日見ていたTVでキリマンジャロの日の出が出るシーンがありまして、龍ちゃんが
「そっか太陽が燃えてる手みたいに見えるから火の手なんだね」…大爆笑してしまいました^^;
Commented by gaya-san at 2009-08-24 22:35
もかさん、
私から見ると、母もすごい人なんですが、
父が大きすぎて・・だったんです。
でも、そんな面白い所もたくさんあって、笑ってしまいます。

火の手がしばらくわからなくてじっくり考えました。
火事を思ってしまって・・
ひので→ひのて  だったんですね。
一足遅れで笑いました~。
子供の一言って豊かな発想ですごいですよね。
名前
URL
削除用パスワード


<< ☆フリフリ2段のカラフルシュシュは☆ ☆4本あわせて編んだシュシュ☆ >>