☆雑貨屋ガジャのオーナーブログです☆
  デザイナーです。パターンナーで、縫製人で
  雑貨屋で、時に料理人で、ケーキ屋で、
  そんな欲張りねーさんがレシピを載せつつおしゃべりをしています。
  オンラインショップLa moda de Gaya
  どうぞよろしくおねがい いたします。
Copyright ©2006-2017Gaya. All Rights Reserved.
☆花冠の作り方・野原で遊ぼ☆
シロツメクサの花を摘んで花冠を編む。
そんな事を思い出したのは、ちょっとしたきっかけ。
造花で、ですが繋げていってみます。
c0092953_160717.jpg

作り方、覚えてますか?単純なのでかえって覚えにくい、そんな感じで忘れてしまう。
作り方、編み方、説明してみましょう。

【野の花のかんむりの作り方】
1本目は花を左に、茎を右に向けて置きます。
さぁ、絡めるのに、
2本目の花は1本目の花の隣に置きますが、
茎は左に向けます(花は右にむきますネ)

で、
その2本目の茎を1本目の茎に一周巻きつけます。
巻きつけたら
花を左向き茎を右向きに方向を変えます。
すると9の字のように巻きついた感じになります。
c0092953_166668.jpg
c0092953_1621377.jpg
次の3本目はまた茎を左、花を右に向けて
一周巻きつけ、
(こんどは1本目と2本目、2本の茎に巻きつきますネ)
花を左、茎を右に方向を直します。
この繰り返し。
最後は、適当な長さになったら まぁるく 輪にして
はじめの方の花の間に茎を絡めて、出来上がり

解っていればただ巻きつけて作れると思うんですけれど
花を逆向きにと置いてみると巻き付ける感じを思い出しやすい。
覚えるコツかもしれません。

野原で遊ぶには、今がちょうどいい季節かな

造花だけれど・・・夜中に繋げ出したのは、
関心空間のある方の日記を読んで、作り方をアップしよう、と思ったからです。

野原で娘さんと、花冠を作った様子を載せていらして、
どうやって作るんだったかしら・・と書いていらしたから。
もうひとつは、その後のコメントで
その花冠のことを・・
シロツメクサ・・・今日はもう枯れてしまい・・・ムスメ号泣と書かれているのを読んだから。

そうだなぁ、
逃げないように緊張して持って帰って、天井にあそばせて、
               翌朝起きると、落ちてしまっていた水素風船。
逃げ出して、やっと見つけたら、埃だらけで死んでしまっていたヤドカリ。
雨上がりに拾った鮮やかな紅葉の 乾いた後の枯葉色のガッカリ。

魔法の輝きのその後の色々の思い出が、フラッシュバックして、切なくなった。

作り方をお教えする為の言葉を紡ぎ出すために、
ちょっと繋げてみたのがはじまりだけれど、

そのお嬢さんに差し上げようかなぁ・・そんな風に思って、
どんどん花を繋げて、繋げて・・・

でも、途中で、ストップ。

あんまり数がないから頭に乗せるには小さいかしら・・と思ったのもあるし、
そして、
シロツメクサの冠の、代わりには、これはなれないな・・と思ったから
翌日までは持たなかったとしても、
だからこそ、その、自然の中でのその遊びの楽しさがあることを
そのお嬢さんはもう知ったでしょうから・・・

そんな思いの後に、作り方のアップと共に、参考写真としてパチリ、
関心空間日記に、載せてみたんです。

そうしたら、お嬢さんがこの花冠をお気に入り、欲しがってくださったとのコメント。
以心伝心!シンデレラのお嬢さん、実はあなたの為に作っていたのよ~。

それなら、ありあわせの花だけれど、
大きいのも混ぜて、頭に乗せられるように仕上げてみましょうか?
そして、送って差し上げましょう。
そんな風に出来上がった、仕事の残りの花で作った花冠。
c0092953_16471255.jpg
アトリエにたくさんある、半端だけれどかわいい、素材たち、
こうして、
喜んでくれる人のところに  とんでけ~~~~~
そんな、楽しい、嬉しい感じ。あそばせてもらいました。
そして シロツメクサの野原に、行きたくなりました。

作り方部分は同じなんだけれど、少し書き方を変えているので
関心空間日記にもリンク、置いちゃいます。→花冠の作り方・野原でどうぞ
これも、ある意味、ハンドメイド。作り方カテゴリに入れておきましょう。
【ただいまのBGM】
栄光の架橋              /              ゆず

人気ブログランキングへ←Today's Runkは?★1日ワンクリック!いつもありがとうございます
★くつろげる空間・レシピ&アイディア色々・そして元気をいっぱい・お届けしたい!!★

twitterにこの記事を紹介
★料理やハンドメイドレシピなどの人気記事を右カテゴリからリストで見られるようにしました★
右欄一番下に人気の作り方記事とリストへのリンクも置きました
【アンケート】アンケートにご参加ください**~5/10までのアンケート
★プレゼントで差し上げるとしたら嬉しいのはどれ?★
c0092953_539817.jpg

先頭記事下の広告はエキサイトさんが表示しています
by gaya-san | 2010-05-05 17:08 | 作り方★ハンドメイドレシピ | Comments(6)
Commented by もか at 2010-05-05 20:18 x
小さい頃よく作りましたよぉ^^
もかは不器用で中々上手く作れなくて母に直してもらってましたけど^^;
Commented by nana at 2010-05-05 20:33 x
ムスメのひとことから、こんなに繋がっていくなんて・・・♡♡♡ シロツメクサの切ない思い出とともに、彼女の心に一生の宝物となって刻まれてくことと思い嬉しくなりました♪ gayaさん☆ありがとう☆
Commented by gaya-san at 2010-05-05 21:54
もかさん、小さい頃は、手も小さいわけだし、
けっこう大変だったかも。
それにこの繋ぎ方って、一つ二つ繋いだ時点では
ちょっと不安な感じもしてしまったり。
お母様と花飾り作り、いい思い出ですね。
Commented by gaya-san at 2010-05-05 22:04
nana さん、本当に楽しい嬉しい結果になりました。
何気なく繋ぎ始めた、
作り方アップの為の試しが始まりで出来上がった花飾り。
お姫様のお髪と一緒にぴょんぴょん出来るときを
ワクワクして待っているところ、と思いますよ。

Commented by wkikyoko at 2010-05-06 10:43
私も子どものころに作って遊びました。家のそばがすぐ田んぼだったので、れんげ草が多かったように思います。縄跳びできるくらい長く作ろうと頑張ったことがあります。今思えばぜいたくな話です。
また、この編み方が大変な時は1本の茎の端に縦に切り込みを入れて、そこに次のお花を挿してつなげてました。1本の茎なのでとてもちぎれやすいけど、あっという間に長い頸飾りが出来てそれを何重にもして掛けていましたね。
懐かしい思い出を思い出させていただいてありがとうございます。ハイジがやっぱり摘んだ花が枯れちゃって、大泣きした場面も思い出しました。
Commented by gaya-san at 2010-05-06 23:01
wkikyokoさん、縄跳びできるくらいは、すごいなぁ。
想像して楽しんでみました。
田んぼの一面のれんげ草の話は
母がよく、してくれました。
その、切込みを入れるほうの作り方は、
関心空間日記で、書いて下さった方がいましたヨ。
小さい時の思い出って、ふとしたときに
どれか思い出すと、繋がってたくさん、溢れ出してくる感じ。
溢れ出す記憶をたどる、それもまた楽しいひとときです。
名前
URL
削除用パスワード


<< ☆野菜はじっこ、水栽培は、そろそろ☆ ☆ひかりのおきゃくさま☆ >>