☆雑貨屋ガジャのオーナーブログです☆
  デザイナーです。パターンナーで、縫製人で
  雑貨屋で、時に料理人で、ケーキ屋で、
  そんな欲張りねーさんがレシピを載せつつおしゃべりをしています。
  オンラインショップLa moda de Gaya
  どうぞよろしくおねがい いたします。
Copyright ©2006-2017Gaya. All Rights Reserved.
  
☆レシピ・カボチャのふかふか蒸しケーキ☆
☆お野菜・嵐の前のにぎやか便!!☆の中の、大きなカボチャで美味しい!のひとつめ。
蒸しパン?蒸しケーキ?蒸しまんじゅう?
キメ細やかでやさしい甘さふっかふかふっくら、カボチャの黄色が優しい蒸しケーキです。

作り方もご紹介。
【レシピ・カボチャのふかふか蒸しケーキ】
(シリコンカップケーキ型12個分)
c0092953_2220557.jpg

==準備==
**粉を量ります。
量りの上にペーパーを置き、粉ふるい器を乗せて、
**薄力粉300g / ベーキングパウダー大匙1 / 重曹小匙1を量りいれて置きます。

**蒸し器にお湯を沸かしておきます。
**卵を冷蔵庫から出して溶いておきます。

==作りますよ==
カボチャは種を取り、皮をむいて蒸します。(電子レンジでも蒸し器でも)
熱いうちにマッシュにします。(この状態で300g)
②熱いうちにバターを20gを加え混ぜ、
  お砂糖150gを加え、塩を一つまみ加え、よく混ぜます。
(あれば、スキムミルクかクリープも大匙1)
溶いた卵を1個加え、更に混ぜ、豆乳100ccを加え、バニラエッセンス5滴ほど
泡だて器などでよ~~く混ぜます。

粉類をふるいながら入れて、捏ねないように、でも、よ~く全体を混ぜ合わせます。
★蒸す前の生地の状態はどんな?とのコメントにお答えして画像2点追加
c0092953_724382.jpg

シリコン型にタネを入れて、ストンストン、上にくるみの欠片を乗せます。
c0092953_7254513.jpg
c0092953_22142086.jpg

(シリコンでない場合は
アルミホイルカップを重ねるかマーガリンを塗ってお粉をはたきましょ。)
⑤蒸し器で20~25分程度蒸します。
蒸す前の直径は5センチくらい、蒸しあがったらふっくらほこほこ7.5センチくらい
c0092953_22203820.jpg

ビタクラフトの蒸し器は大きくはないので6個ずつ、2度に分けて蒸しました。

==材料のまとめ==
カボチャ350gくらい
バター20g  ・  砂糖150g  ・  塩ひとつまみ
卵1個  ・  豆乳(牛乳でも)100cc
薄力粉300g ・ ベーキングパウダー大匙1 ・重曹小匙1
バニラエッセンス・胡桃少々・(あればスキムミルクかクリープ大匙1)


1/4個分を頂いたカボチャ、こーんなに大きかった。
(傍にあるおじゃがは大きめサイズですよ)
で、やわらか美味しい味
c0092953_2235661.jpg

何を作ろうかなぁと楽しく考えるのも楽しい時間です。
頂き物のお野菜は、下さった方の思いも、詰まっていて、ますます幸せな味です。

【ただいまのBGM】
HERO / Mr.Children

人気ブログランキングへ←Today's Runkは?★1日ワンクリック!いつもありがとうございます
★くつろげる空間・レシピ&アイディア色々・そして元気をいっぱい・お届けしたい!!★

twitterにこの記事を紹介
★料理やハンドメイドレシピなどの人気記事を右カテゴリからリストで見られるようにしました★
右欄一番下に人気の作り方記事とリストへのリンクも置きました
【アンケート】**アンケートにご協力くださいな**
★サニタリーケースのアンケート★
★アンケート・春夏のマフラーについて★

c0092953_539817.jpg

by gaya-san | 2010-08-18 22:44 | レシピ★料理 | Comments(12)
Commented by patchwaork at 2010-08-19 22:03 x
こんばんは

かぼちゃの蒸しケーキとっても美味しそう*
作ったことがないので、ぜひトライしてみたいです。
かぼちゃの色がそのまま出ていて、力をもらえそうですね!
Commented by gaya-san at 2010-08-20 15:23
patchwaorkさん、是非、楽しんでみてくださいな。
そう、色も味もしっかりかぼちゃ、嬉しいケーキです。
Commented by KIRI☆ at 2010-11-21 19:21 x
はじめまして。

この記事を見て蒸しケーキを作ってみたのですが、
蒸す前の生地はどれぐらいの固さでしょうか?
かぼちゃを少し少なめ(280g)で作ったのですが、
パン生地よりも固いぐらいの生地になってしまい、牛乳を追加しました。
それでも写真のようなつややかな状態ではありません。

よろしくお願いします。
Commented by gaya-san at 2010-11-21 23:18
KIRI☆さん、こんにちは。280gは皮をむいた後の重さですよね?
お粉やベーキングパウダーも少なめにしていますか?
カボチャが熱いうちにつぶしてバター熱いうちにお砂糖を入れると
その時点でかなりどろどろになっています。
★蒸す前の種の状態は、書きましたように、種を均すのにはストンストンと持ち上げて落とさなければいけないくらい。
★スプーンで種を取って型に入れますが、離すのに少し下に振る感じ
ポテッと。パン生地よりは少しゆるい状態ですかしら
丸める事は無理、粘りがあるので手にベタベタ、そんな感じ。
粉を入れて混ぜる時に、自然に混ぜる事ができて、
粉を捏ねずに済むくらいの水分が必要です。
★カボチャの種類、水分も多少影響するとは思いますが
色々なカボチャで、もう何十回も作っていますが・・
粉を多く量ってしまわなければ大丈夫ではないかしら。
水分が少なくて、お粉を捏ねそうになってしまうかんじなら
牛乳、足して大丈夫です。うまく出来ますように。
Commented by gaya-san at 2010-11-22 07:32
KIRI☆さんへⅡ
またまた作ったので
シリコン型に入れるまでの、画像を2点
追加しました。ご参考にどうぞ~。
Commented by KIRI☆ at 2010-11-22 17:14 x
おぉぉぉ!!
お答えいただいた上に、画像までありがとうございます!
ちなみに280gは、皮付きのままレンジ加熱して、皮を除いた状態です。
(取り除いた後の皮はトッピングに使いました)
しかし、お粉は300gのままでした…これが原因ですね。
残りの生地は結局、水分は足さずに絞出し袋に入れて型にいれました。
でも指を使わないと生地が離れてくれないぐらいで、ストンストンしても、全く意味なし!

そんな状態でしたが、出来たては本当に美味しかったです。
次に作るときは、この画像の生地を目指します☆

これは私が以前思ったことですが、かぼちゃを鍋で蒸すのと、レンジ加熱では、含まれる水分量が変わってくるんでしょうか。
どうしても楽なのでレンジ加熱にしてしまうのですが。
Commented by gaya-san at 2010-11-22 17:45
KIRI☆さん、私は、しょっちゅう作るので
段取りとしてまず、蒸し器はスタンバイしておきますが
カボチャを蒸すのは、レンジで、蒸してます。
皮をむいてからレンジで蒸してます。
(レンジで蒸す用容器でやってますがラップでも大丈夫)
この容器だとカボチャの水分が下の別容器にたまり、
それは混ぜていないのです。
ですから、カボチャ本来の水分も多少の影響はあるかもしれませんが
種の柔らかさのコツはそれよりも、手際とタイミングにあります。

粉を多くしすぎないことに加えて
一番のコツは、カボチャが熱いうちにつぶしながら
バター、そして砂糖まで加えて混ぜる事でしょうか。

そのためにもカボチャの皮は蒸す前にむく事をおすすめします。
トッピングに使いたいなら、皮もそばで蒸せばいいですよね。

レシピに載せる手順や分量にはそれなりに意味があります。
皮をむいて蒸す事や砂糖の分量なども
はじめは変えずに試す事が大事と思います。
ご健闘を祈ります~
Commented by gaya-san at 2010-11-22 17:50
KIRI☆さんへ・再びⅡ
コメント欄は字数制限があるので続き。
実はカボチャの皮は、
ほんの少~しは薄く緑が残ったって気にしません。
と、そんな程度にむいています。
安定する置き方で俎板に置いたまま
削ぐように皮を落としていくといいですヨ。
カボチャのオレンジと皮の緑もちょびっと入って、
ほっこりきれいな、蒸しあがり。
素朴ですが美味しくておすそ分けしても評判のいいおやつです。
Commented by KIRI☆ at 2010-11-23 02:23 x
なるほど~、作り方のそれぞれに意味が…。
そういう面も考えながら作ると面白そうですね。
潰しながら混ぜる、やってみます!

かぼちゃをマスターしたら、サツマイモでもやってみたいと思っています。

今回、質問させていただいて本当によかったです。
ありがとうございました☆
Commented by gaya-san at 2010-11-23 02:45
KIRI☆ さん、サツマイモはたくさんたくさんあったので
一応作りましたが
サツマイモはカボチャよりずっとずっと水分が少ないです。
繊維もたくさんのところはよけないと口の邪魔になります。
カボチャの蒸しケーキほどには、素材の個性は生きないので
もし、山ほどあって・・というのでなければ
蒸しケーキよりはスイートポテトコロコロバージョンや
鬼饅頭のほうがサツマイモを生かした美味しさ
楽しめるんじゃないかなと思います。

ちなみに・・コツのところで言いたかったのは
つぶしながら混ぜる・・が重要ではなく
熱いうちに砂糖まで混ぜる・・です。
つぶしながらでなくてOK
熱いうち・・が重要です。
Commented by KIRI☆ at 2010-11-23 11:50 x
おっと…また勘違いをしたまま作るところでした。
ありがとうございます。

スイートポテトコロコロバージョンや鬼饅頭も美味しそうだと思ってました。
だけど、元々蒸しケーキが好きなのでそっちで、と考えてたのですが、まずは上の2レシピを試してみようと思います。
Commented by gaya-san at 2010-11-23 12:30
KIRI☆さん、色々楽しんでくださいな。
サツマイモのは、わざわざサツマイモでしなくても
よかったな・・という感じ、色も地味になって、
ちょっとネ、つまらなかったんです。
カボチャは、すごくカボチャらしさが生きる感じで
ずいぶん違いがあるんですよ。

でも、作った私がきめつけちゃってはいけませんね~
色々試して楽しんでくださいな。
名前
URL
削除用パスワード


<< ☆夏野菜ひとつひとつ☆ ☆レシピ・豚の塊肉とキャベツド... >>