☆雑貨屋ガジャのオーナーブログです☆
  デザイナーです。パターンナーで、縫製人で
  雑貨屋で、時に料理人で、ケーキ屋で、
  そんな欲張りねーさんがレシピを載せつつおしゃべりをしています。
  オンラインショップLa moda de Gaya
  どうぞよろしくおねがい いたします。
Copyright ©2006-2017Gaya. All Rights Reserved.
  
☆あっというまのちらし寿司・雛の節句☆
ひなまつり。雛の節句。
花屋の店先もピンクや黄色や白、そしてフレッシュな緑にあふれています。
そろそろ春がやってきますね~~というのが雛祭りのあたりですね。

ディスプレイスペースを、戸を開放して外から写すのは大変なので
斜め横から無理やりパチリ。
毎年同じようだけれど、飾りましたね~の記録。
内裏雛の位置には考え方の違いなんですが理由があります。
c0092953_1650544.jpg
こちらは今日のグーグルトップページ
画像の名前がgirlsdayになってます。
c0092953_16513362.jpg
忙しくて何も作ったり出来なかったのだけれど、

あっというまのチラシ寿司
c0092953_16554587.jpg


すし飯、干瓢煮、しいたけ煮、あぶらげ煮、ごぼうのキンピラ
そららをみんな、冷凍庫から出して、
(節分にまとめて作って冷凍してあったものなんですよー)
錦糸玉子を焼き、T様からの頂き物の紅生姜を刻んで
桜の花の塩漬けを散らし、ちょっとサマになりましたか?
(桜の花漬けはおなじくT様からいただいた八重桜で作って冷凍保存)

母がずっと不調のようで、
このあいだの雪の日も翌日に私のブログを見てはじめて
雪が降ったのを知ったとか・・・
ということはTVも見ず、外にも出ていないということ。
ちゃんと栄養が取れているのかしら・・など
とても心配で
仕事でバタバタ納期ぎりぎりの中いけないのが切なかったけれど
明るいことを考えられるよう、少しでも心温まるようメールを出してみた。

前に母が話してくれた、夢の中でくちずさんでいたの・・という
大木敦夫の歌、祖国の柱や、沈黙の凱旋などなどが出ているサイトや・・
日野原重明さんのバースデーのyoutube画像のテロップを見て
、誕生日が私とおんなじだーなんていうことや・・
そんないろいろおしゃべりメール。

そのあと、母はちょっとだけ気力を戻してくれて
お雛様を出して飾ったそうです。
神保町の古書街へも、膝をかばいながら行ってきたんですって。
それもなんと、二日も続けて・・。

母がひとりで神保町へ足を運ぶなんてはじめてのことじゃないかしら。
父の存命中は一緒に出かけることもあった、多分思い出の街です。
生活の必死だった若い頃、値段が漢字で、一二と縦に書いてあって
3万かなと思ったら12万で息が止まるかと思った話などなど、
父との思い出をたくさん聞かせてもらった事があったなぁ。


そうして身を削るような思いで、手に入れて、
父の書庫に並んでいたたくさんの本たちが神保町にあります。

やむをえず、たくさんの父の蔵書を引き取ってもらった
古書商の厳松堂さんの前で、
動けなかったと母はメールに書いていました。
母は父に会いたかったのでしょう。

母の人生は父一筋でしたから、
いまも父の存命中の仕事の軌跡をなんとかまとめようと
あせりながら、もどかしがりながら、日々生きていて
落ち込んでしまったりします。

私の年でも、気力をなくしてしまう事だって少なくはないのに
母の年なら、身体のことも含めて、
どれだけのしんどさだろうなと思うけれど、
年を加えると言うことや、痛みなどは
その立場になって見なければわからない大きさでしょう。

少しの時間でも楽しい気持で編み物などしてほしいなぁと
思うのだけれど、気持は、すべて父に向いてしまうみたい。

それだけ、娘の私が見ていても深い深い心のつながりがある二人でした。

でも、父もきっと思っていますよ
悲しんでばかりいないで、すこしは、オニの居ぬまにくつろぎなさいって。

プライベイトなことを書き連ねてしまいましたね。


ちらし寿司は、母に楽しんでもらおうと思って、
バタバタあっというまモードだけれど作りました。
他に何も出来ないけれど、いまからちょっといってきます。

これ、母が飾りましたって送ってくれたお雛様の写真。
携帯電話があることに感謝。
c0092953_173317100.jpg
これも昔私が作ったものだけれど、
一番上の画像の、アトリエにある雛とは
内裏雛の服の紙が違うのが判りますか?
昔母と一緒によく、千代紙を見に行ったんでした。
内裏雛に使える柄はけっこう少ないんですが、この紙はお気に入り。


【ただいまのBGM】
春 ~spring~ /    ヒステリック・ブルー

人気ブログランキングへ←Today's Runkは?★1日ワンクリック!いつもありがとうございます
★くつろげる空間・レシピ&アイディア色々・そして元気をいっぱい・お届けしたい!!★

★料理やハンドメイドレシピなどの人気記事を右カテゴリからリストで見られるようにしました★
右欄一番下に人気の作り方記事とリストへのリンクも置きました
【アンケート】**アンケートにご協力くださいな**
★アンケートはタグについて★
★ティッシュケースをお使いですか?★

c0092953_539817.jpg

by gaya-san | 2011-03-03 17:35 | 今日の美味しい | Comments(2)
Commented by Kintaro-Sushi at 2011-03-04 10:35
お母様とは正反対
うちの母は初めての一人暮らしが楽しいそうです。
亡くなってまだ半年もたっていないのにです。
外出は近所にお使いにいくだけなんですけどね
86ですから。
父のものはな~んにもいらないからと
すべて捨ててと・・・

でもお墓にいくと「とってもいい人だったと」泣きます。
子供達は唖然とする事が多々あります。
Commented by gaya-san at 2011-03-05 07:09
Kintaro-Sushi さん、
連れ添った二人というのは
ほんとうに、その人ごとの歴史の中で
複雑な糸が編まれていて深いですね。

親子であっても
わかるような気がしていても
まだまだ
判らないこともたくさん、
あるんでしょうね・・と思います。

名前
URL
削除用パスワード


<< ☆ひな・ゆきだるま☆ ☆個性派人参さん☆ >>