☆雑貨屋ガジャのオーナーブログです☆
  デザイナーです。パターンナーで、縫製人で
  雑貨屋で、時に料理人で、ケーキ屋で、
  そんな欲張りねーさんがレシピを載せつつおしゃべりをしています。
  オンラインショップLa moda de Gaya
  どうぞよろしくおねがい いたします。
Copyright ©2006-2017Gaya. All Rights Reserved.
  
☆栗の渋皮煮・鬼皮のむきかた☆
栗の渋皮煮。
c0092953_2345313.jpg

出来ましたよ。ただいま味の含ませ中。
宝物のような味と舌触り、になりますヨ。
手間がかかる事だけれど、結果は楽しいですね。

はじめは栗むきです。
昨年はマロングラッセと両方作る事になったんでした・・
何度も栗をむくうちに、渋皮を綺麗に残し、手も疲れない剥き方は、
アイスピックの使用だという結論にたどり着きました。

下のざらざらの所からそっと挿し入れて、上に向けて一箇所、細くともいいからはぐ、
あとは上から入れて、横にそっとグリグリしながら
下に向けて何回かに分けてはいでいく。
(上から差し込んでむき始めると、上は渋皮も薄いため傷つけやすい)
これ、数回で向く事が出来てよかった。
約2キロ+傷のや虫の・・たくさんたくさんむきました。
c0092953_2352843.jpg
栗は水に浸した後でなくともこの、むきかたなら、剥けます。
下の厚いところが残っても、
あとで、(はじめの茹でこぼしで)ホコッと取ることが出来ます。
今後はこれで行きます。(自分覚書ですよ)

この毛むくじゃらふわふわさんが、
c0092953_2353833.jpg
下処理過程でこんな風に、
c0092953_2354592.jpg
そしてこんな風に
c0092953_23543340.jpg
手をかけた分だけ、どんどん愛しくなっていくんですよ。

仕上げにブランデーを使います。
父が他界した時、大事に持って居たと思われるのを頂いてきたもの。
父上、使わせていただきますね。
ヘネシーのVSOP・フィーヌ・シャンパーニュ
c0092953_0162.jpg

1987に輸入元の名称が変わった、それ以前の物なので、
ボトルのラベルも、箱も、今のと少し違う、
24年以上、それだけの年月が経っている、
ということは・・・心配は・・・・・コルク。なのでこれらを用意。
c0092953_00214.jpg
正解、やっぱり、ほら、ネ
c0092953_004086.jpg
無事、コルクを少しも中にいれずにOpen。
さぁ、ステキな風味で仕上げです。
たっぷりと蜜に馴染んでネ
c0092953_03916.jpg


ほんとうは時間がたくさんあって、
ゆったりしていれば、作る過程ももっと楽しめるのでしょうね。
でも、そうでないからこそ、
貴重な事、と感じる気持も大きいのかもしれないな
と、そんな事を思うと、にっこり になりますね・・

そして、これが出来上がる為には
どっさりの栗を送ってくださった方のご好意がありました。
日々、ありがたいと思えることの多き、幸せ、があります。

【ただいまのBGM】
たとえ どんなに... /      西野カナ

人気ブログランキングへ←Today's Runkは?★1日ワンクリック!いつもありがとうございます
★くつろげる空間・レシピ&アイディア色々・そして元気をいっぱい・お届けしたい!!★

★料理やハンドメイドレシピなどの人気記事を右カテゴリからリストで見られるようにしました★
右欄一番下に人気の作り方記事とリストへのリンクも置きました
【アンケート】**アンケートにご協力くださいな**
★アンケートはタグについて★
★ティッシュケースをお使いですか?★

c0092953_539817.jpg

by gaya-san | 2011-10-19 23:58 | 今日の美味しい | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ☆三鷹の帰りに吉祥寺☆ ☆栗の渋皮で絹を染める☆ >>