☆雑貨屋ガジャのオーナーブログです☆
  デザイナーです。パターンナーで、縫製人で
  雑貨屋で、時に料理人で、ケーキ屋で、
  そんな欲張りねーさんがレシピを載せつつおしゃべりをしています。
  オンラインショップLa moda de Gaya
  どうぞよろしくおねがい いたします。
Copyright ©2006-2017Gaya. All Rights Reserved.
  
☆オシシのミカン☆
「オシシのみかん、してぇ~~」
おこたに入ってぬくぬくしながら、
忙しい母におねだりした、小さい頃の記憶。

普段は子供の私たちにも、
学校に行く前にも鳥の世話やら庭の掃除、やら
帰ってきてからも、お米を研いだりお茶碗を拭いたり、
お風呂の水を井戸から組んで溜めたり、仕事がある。

けれど、冬休み、とりわけお正月は
おこたで、だらだら、かなりナマケモノだった。
(いや、普段だって忙しい母を尻目に、ナマケモノだったか)

で、オシシのミカン
たいていは自分でむきなさい。と言われ、
そうよね・・となるのだけれど
たまに、「いいわよ、してあげましょうね~」
と母がむいてくれるのを、ワクワク眺めていた。
冬と おこたと おみかんと・・・。

ところで、オシシってなぁに?
小さい頃は知っていたのかもしれないが、
最近その言葉を思い出して、
なんだろ・・何故そう呼ぶんだろ????ってね。
うちだけだった?

ヒットしないだろうと思いつつ、調べてみた。
「オシシ むいたミカン」
→  

「みかん 薄皮」
→ 
東京方言意味・用例等
オシシ蜜柑(みかん)を食べる際、薄皮をむいてひっくり返したもの...

やっぱり、呼ぶんですね、そして東京方言ですか。
ほんとうは、完全にむくんじゃなくて、薄皮が底?についたままを指すのかな?

うちでは、これが オシシのミカンでした。
c0092953_1244281.jpg

母にならって、かなり大きくなるまで、
蜜柑はいつも楽しみながら自分でもオシシのミカンにしていた。

外皮をむいただけで、ちょっと小分けにし、
ぱくっと、なんていう頂き方になったのはかなり大人になってから。
(白い筋の所にも優れた栄養成分のあるのを知っている今では
ほんとうに、大雑把にパクッです)

家主さんが、弟さんのところが蜜柑農園で・・
蜜柑狩り~とわけてくださったもの。
すっぱいかも・・なんて仰ったけれど美味しい甘い蜜柑。
c0092953_1362736.jpg

もういただいちゃったけれども、大きめ蜜柑で
ひさびさ、オシシ・・にしてみたので、
思い出したと言うわけでした。ご馳走様でした。

ボンド仕事をしたり、水仕事も多かったりで、
指先がひび割れてテープを三箇所も貼っているので
キーボードが打ちにくいですわー。
(母もそんなだったでしょうに、蜜柑むいてもらったりしていたのよね。)
(しみるのよね)
(今更ですが、ありがとう。母上)
(グレープフルーツも、夏みかんも、きれいにむけて、
またそれが、苦にならないのは母上のおかげです。きっと)

眠る時に柚子酒ローションをよーく塗りこんでおきましょう。

【ただいまのBGM】
みかんのうた、で検索したらこんなの見つけてしまいました。
みかんのうた     /   SEX MACHINEGUNS

人気ブログランキングへ
↑↑Today's Runkは?★1日ワンクリック!いつもありがとうございます
★くつろげる空間・レシピ&アイディア色々
そして元気をいっぱい・お届けしたい!!★

★料理やハンドメイドレシピなどの人気記事を右カテゴリからリストで見られるようにしました★
右欄一番下に人気の作り方記事とリストへのリンクも置きました
【アンケート】**アンケートにご協力くださいな**
★幅広アームバンド・そしてアンケート★
★ティッシュケースをお使いですか?★

c0092953_539817.jpg

by gaya-san | 2011-12-28 01:45 | 今日の美味しい | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ☆チリコンカン風お豆の煮込み☆ ☆温かをたくさんいただいている☆ >>