☆雑貨屋ガジャのオーナーブログです☆
  デザイナーです。パターンナーで、縫製人で
  雑貨屋で、時に料理人で、ケーキ屋で、
  そんな欲張りねーさんがレシピを載せつつおしゃべりをしています。
  オンラインショップLa moda de Gaya
  どうぞよろしくおねがい いたします。
Copyright ©2006-2017Gaya. All Rights Reserved.
  
☆たかが雑巾・・されど・・☆
雑巾って、一生懸命考えるような作り物では
ないような感じですが、けっこう実用性が求められるものですよね。

私が作る雑巾は普通よりきっと、ちょっと小さめです。
雑巾は汚れやごみをくっつけてくるわけで、
そのあとゴミをどけて、洗ったり絞ったりしますね。

たとえ、大きめで吸収がよくても、絞る段になって
とてもやりにくいのでは嫌になりますし、効率も悪い。
特に、床を拭いたあと、髪の毛や糸くずなどついてくると
大きめ雑巾だと長く絡まってしまったりして
あちこちからそれを外すのが結構面倒。

台拭きとして、水気を拭き取ったり
床などを掃除したり、そのあと洗うときにも
私が今一番使い勝手がいいと感じているのは
20センチ×18センチくらい
台拭き用も、床拭き用も、これに紐をつけて、
使っています。
一番手前がそのサイズ。
c0092953_17104086.jpg
この大きさは、バスタオルを4等分にカット。
それを3つ折りで作るので、バスタオルの大きさの約12分の1
c0092953_17114726.jpg
こんな大きさ。(紙はA4)
c0092953_17144589.jpg

普通はフェイスタオルから作ることが多いでしょうね?。

大きさは元のタオルの大きさによっても多少違いますけれど
普通にファイスタオルから作るなら4つ折りにして一枚かな。
c0092953_17102459.jpg

両縁が硬くなければこのまま一周縫っておしまい。
短い辺の縁が外になるのが嫌なら、
長い辺をそれぞれ真ん中へ、真ん中へと折って縫いますね。

長い辺の縁が硬かったら縁を切り離して処分、
裏を出して折り、4つに蛇腹折り、
タオルの長い辺だったところを両側縫って返します。
c0092953_17273089.jpg

床をピカピカにしておく為の雑巾がけ、両手で雑巾を押さえて
端から端まで行って、次の区画をUターンして戻ってくる。
お寺の小僧さんの図が思い浮かぶ、そんな使い方なら
両手いっぱいで、ちょうど押さえて拭いていける
通常雑巾サイズがいいのかもしれませんね。

今回、京都、そして広島
大変な事になっています。
震災支援の仲間たちの、facebookやtwitterには
支援の需要情報がたくさん流れてきます。
東日本の震災直後から、ずっとずっと
なんらかの形で支援活動を続けている人たちがいっぱいです。
雑巾の要請があったので、
少しでも送れるかしら・・とタオルを探し、
何枚かしか作れなかったけれど縫って、
うちには、そもそも、余りタオルなどがないので、
自分用も回してしまおうと思いました。。

縫いながら、ふと思い出したのは
こんな単純な縫い物でも、昔は面倒と感じていたって言う事。
縁を折ってピンで打ったり、そんな事をしていたからかな。
で、本当に単純で、
みなさんは当たり前にやっているのかもしれないけれど
縫ってひっくリ返して、押さえを入れると、そんな
作り方もちょこっと入れてみたというわけで、
そんな今日のブログ記事。
【ただいまのBGM】
どんまい    /    米米CLUB

人気ブログランキングへ
↑↑Today's Runkは?★1日ワンクリック!いつもありがとうございます
★くつろげる空間・レシピ&アイディア色々
そして元気をいっぱい・お届けしたい!!★

★料理やハンドメイドレシピなどの人気記事を右カテゴリからリストで見られるようにしました★
右欄一番下に人気の作り方記事とリストへのリンクも置きました
【アンケート】**アンケートにご協力くださいな**
★どう呼びますか?パッチンピン★

c0092953_539817.jpg

by gaya-san | 2014-08-22 17:43 | 今日の創作 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ☆夏の具だくさん素麺☆ ☆ベーグルにブルーベリーソース☆ >>