☆雑貨屋ガジャのオーナーブログです☆
  デザイナーです。パターンナーで、縫製人で
  雑貨屋で、時に料理人で、ケーキ屋で、
  そんな欲張りねーさんがレシピを載せつつおしゃべりをしています。
  オンラインショップLa moda de Gaya
  どうぞよろしくおねがい いたします。
Copyright ©2006-2017Gaya. All Rights Reserved.
  
☆いかのおすし☆
c0092953_034513.jpg

【いかのおすし】
         いっかのぉ~~おっすし~~いかいっかいっかっがーーーー♪                  昨日の標識看板の話題2~~~~~
          あまかった・・知らなかった・・
          全国展開になりつつあるようだ・・
          でも・・
          「お」がお声をだす、なのはマイナーみたい
             大声を出す。大きな声を出すの方が多そう
          みてよみてよ~~なんかちょっと気が向いて検索したらこれだわよ。

          もしかして小学生はけっこう普通に知っている?の?

音が出ますよ~~困る人はクリックしないでネ。
いかのおすし体操
これも音が出ますよ~
チビうさのいかのおすし
いかのおすしポスター
子どもに教える合言葉「いかのおすし」

        びっくりしちゃったわ!! 
         子供達の安全は大事ですねー
         でも・覚えにくくない?あ、小学生は記憶力抜群
         ねーさんとは違いますね。


【今日の散歩道】
c0092953_2355664.jpg
はっぱが赤いの。
花じゃない。
正確には苞(ほう)
(葉の変形した物)。


猩猩草
ここ の説明をお借りする。

猩猩って聞くとタヌキ囃子よね?う
んうん。
調べてみた。
おもしろい
 こんなページ発見








【心の内側】 (本)
妹が写してメールで送ってくれた、亡き父の書斎の机。
ふっと後ろから父が現れても不思議じゃない、そんな感じ。
c0092953_43404.jpg実は今日は辛い日だった。
実家は家中のどこをみても本、本、本、書斎だけでなく本だらけ。
著述業を生業としていた父のたくさんの蔵書。
床も沈んでいたくらい。
それが、今日運びだされて行った日。
本のあるうちは、まるで父が、
そこここに存在するかのような空気が家にあふれていた。
昼頃、もうじき業者の方が見える時間か・・と思い、
実家に電話しようと思ったところへ
母からかかってきた。

居たたまれない思い、うろうろおろおろ・・
思いは同じ・・
私でさえ、運び出されていく事を思っただけで、
何か引き剥がされる思いでたまらなかったのだから。
なんだか・・もう一度父が死んでしまうような。
小さい頃、からずっと、ぎっしりな家中の本に囲まれてきた。
今思えばそれは不思議な我が家独特の安心感だった。
なくなってしまうとき  手から  離れていくとき、
今まであったもの  について
人はいろいろ   おもうもの。

アトリエの、地下に下りる階段にマグカップを持って座り、
我が本棚の父の著作を眺めながら、
本が運び出された後の実家のがらんどうを思っていたら、
涙ぽたぽた入りコーヒーになった。
心が痛い。
そういう歌があったね。年が見えるな・・;;

熱い飲み物はそれでも心をすこし、暖めてくれます。

【ただいまのBGM】
  見上げてごらん夜の星を  /  坂本 九

←・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆

c0092953_539817.jpg

by gaya-san | 2006-10-27 00:37 | 思うこと | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ☆少しずつ、進行中はあれど☆ ☆指先が痛い☆ >>