☆雑貨屋ガジャのオーナーブログです☆
  デザイナーです。パターンナーで、縫製人で
  雑貨屋で、時に料理人で、ケーキ屋で、
  そんな欲張りねーさんがレシピを載せつつおしゃべりをしています。
  オンラインショップLa moda de Gaya
  どうぞよろしくおねがい いたします。
Copyright ©2006-2017Gaya. All Rights Reserved.
  
☆赤紫蘇ジュースのレシピ・作り方☆
暑いですね。健康管理、出来てますか?
さわやか美味しく、常温保存できる赤紫蘇ジュース。
我がアトリエの、
透明なロックアイスの作り方はこちらの2007.8.18日記事
→ ☆涼んでくださいなっ☆
c0092953_537127.jpg
2~3日前に来て居た母が、うちのを飲んでみた後に
「すごく美味しい、まだ作ったのが残っているけれど、
この分量で作りたい」と。
そんなわけでファームドゥーで2束買って来て、
二人で母の分のジュースを作る。今年3度目の赤紫蘇ジュース作り。

しっかり洗う。ざっと広げて乾かしておいて、葉だけ茎から全部はずす。
葉だけで500g分。とても質のいい赤紫蘇だった。

今年はちょっと天候のせいか、野菜果物の出回る時期がおかしいですね。
普通は6月にちょっとの時期出回る杏は7月だったし・・・
赤紫蘇がまだ出て来ている。

赤紫蘇ジュースの作り方 は、この日、
2008.7月7日の☆赤紫蘇ジュース☆記事のコメントにありますが、
コメント欄なのでここに改めて書いて置きましょうネ。
(お酢は千鳥酢使ってます・いいお酢を使うのは美味しさの為に大事なんです)

★★赤紫蘇ジュース レシピ、作り方
①水を変えながら、よ~く葉を洗う。
振り洗いできるので茎についたままの方が洗いやすい。
②水が切れるようにざっと広げる。
③葉を茎からはずす。小さいのも使います。
④葉の重さを測って他のものの分量を決める。

⑤大き目の鍋に分量の水を入れ、湯を沸かす。
⑥葉を半量入れて3~4分、網杓子などで取り出してボールに取り、冷ます。
⑦残り半量の葉を入れて同じようにする。
⑧冷めた葉が含んでいる水分をよ~~~く絞りとって鍋に入れる。
(絞りやすい一握りずつに分けて作業してくださいね。)
(カスになった葉は捨てます。)
⑨分量の砂糖を加え、溶かします。
⑩火からおろして、鍋のまま冷まします。
⑪ざるの中に晒や布巾などを重ねて、濾して下さい。
⑫充分ぬるい、と言えるくらいまで冷めたら、分量の酢を入れます。
⑬焼酎などで中を綺麗にした密封できる容器に入れて保存してください。
冷暗所ならば常温保存できます。
★分量の目安。
葉100gに対して、水500cc砂糖150g酢50ccくらいです。
(飲むものなのでいいお酢を使います。うちでは千鳥酢)

★★ 画像を入れて新たにレシピページを作りました。 2010.7.12追記
→ ☆赤紫蘇ジュースレシピ写真入り☆
そちらもご参考にどうぞ

**おまけ**
この仕込みデーのブログ記事☆旬の保存ストック紫蘇・生姜☆で梅酢につけた
赤紫蘇・ゆかり用は絞って広げて丁寧に伸ばし伸ばして干しました。
c0092953_610857.jpg
手間のかかる気長にする単純作業の間には・・・・・
様々な場面がフラッシュバックし、
心豊かな生活を作リ出して行けるように育ててくれた両親に感謝する。
**おまけ2**
夏は、少しでも雲があるといいと思うのに・・
梅干を干す時だけは、カンカンに照って・・と思う身勝手さですよね。
c0092953_6343679.jpg

梅酢は2日目に再び梅を送り出した後、わずかの時間お日様に当て、
湯上りさん。
c0092953_6355591.jpg
あがりはじめの特別白梅酢はちゃんと別に保存してあります。
【ただいまのBGM】
空に涙を返したら     / 平原綾香

←Today's Runk・何位でしょうか★クリックのご協力、ありがとうございます
★今年は積極的に、広がりたくさん、目指していきたいです★
c0092953_539817.jpg

by gaya-san | 2008-08-09 06:37 | レシピ★料理 | Comments(2)
Commented by もか at 2008-08-10 09:10 x
全部で5L近くつった赤紫蘇ジュース彼氏さまの為に保存した2Lのみになってしまいました^^;
作るのに使ったお水のペットボトルを焼酎で消毒した物に入れて冷蔵庫に保存だから良かったかも?
美味しいジュースのレシピありがとうございます
Commented by gaya-san at 2008-08-10 12:50
美味しいですよね、もかさん。
冷蔵庫に入れると冷たくなっているから
氷が減らずにすむかもしれませんね。
うちは冷蔵庫には入れないので
氷が溶けるのとちょこっと足した水で
ちょうどいいくらいになる、そんな感じです。
名前
URL
削除用パスワード


<< ☆冷やし中華と常備の具☆ ☆ちょこっと楽しむ糸巻き☆ >>