人気ブログランキング | 話題のタグを見る

☆栗のむき方・柿の切り方☆

昨日着、友人からの栗と柿の荷物
ありがとう~~。とても甘い栗でしたよっ。
☆栗のむき方・柿の切り方☆_c0092953_10541944.jpg
栗ってこの先のちょん、が、かわいいですね。
☆栗のむき方・柿の切り方☆_c0092953_10563311.jpg
☆栗のむき方・柿の切り方☆_c0092953_1056517.jpg
栗をむく時は、
アイスピックでするのが私にはいちばんいい感じです。
包丁よりは栗を傷つける確率が低く、やりやすい。
この場所にはじめの切込みを入れて、
☆栗のむき方・柿の切り方☆_c0092953_1103654.jpg
人差し指と親指でアイスピックを持って
この形で、剥がしていくのです。楽なのですが
☆栗のむき方・柿の切り方☆_c0092953_111497.jpg
それでも、たくさんたくさん、むいているうちには、
ずっと、力を入れ続けているせいで、
形状記憶ハンド、みたいになって、手がそのポーズを記憶してしまい、
手を開いても、また画像のような形に閉じてしまう・・・おかしい。

今回いただいた約1キロは、
「茹で栗、そのままいただける、渋皮もくるりとむける」にしました。

【鬼皮と渋皮両方を簡単にむく、やりかたメモ】
栗は、ざらざらと、つるつるの境のつるつるあたりに切り込みを入れておきます。
(↑の画像参照)
圧力釜にいれ、ひたひたの水、蒸気が出たら
火を弱めて調製し、約8分、火を止めたらそのまま放置してしばらく、
あら熱がとれた30分後くらいに蒸気を確認抜きして蓋を開ける。

この方法は、渋皮もするり、とむけるので、
はるかに、他の方法より楽なんですが
それでもそれでも、量をこなすので、
やはり、形状記憶ハンドになりました。わはは。です。

きれいにむけますね。
☆栗のむき方・柿の切り方☆_c0092953_1111813.jpg
★この栗、とても甘い栗でした。圧力釜方式にしてよかった。
虫食いやカチカチも結構あったのだけれど、
大丈夫だった分は
とても美味しいので、シンプルにそのまま楽しむのが正解な栗でした。
(栗大好きの母が、きっと喜んでくれる。)

栗ご飯などにするときは、ここまで火が通らないほうがいいので
時間を短くし、且つ、少し蒸らした所で蒸気を抜いて終わりにするとよいかな。

この日に頂いた栗→ ☆栗の宝石箱・野菜たくさん☆ は
色々に下ごしらえしましたが、むいている途中に
こんなのも多くて、
☆栗のむき方・柿の切り方☆_c0092953_11113587.jpg
あとは、自分の根性の問題もあり
渋皮煮は今年は作らないにしました。
で、
栗ご飯にして→ ☆渋皮残しの栗ご飯レシピ☆
一部は冷蔵庫で糖度をあげて、皮付きで冷凍。
あと、渋川残しの栗ご飯一回分を冷凍。
そして、昨日、渋皮のこしで、鶏団子と煮ました。
後ほどまたお見せしますね。

柿は干し柿に出来るような枝の残し方になってる
☆栗のむき方・柿の切り方☆_c0092953_10552544.jpg
タネがたくさんある柿をカットする時、形に拘りたい時以外は、
こんな風にナイフを入れます。
☆栗のむき方・柿の切り方☆_c0092953_11142874.jpg
この場所ね。
☆栗のむき方・柿の切り方☆_c0092953_11145099.jpg

すると、タネをとても取り出しやすくて嬉しいのです。
カットして密閉容器に入れて冷蔵庫に入れ、いただきたいときにパクパク、
朝食のディッシュに添えたり・・です。

母にそんな色々をお裾分けしたくて、これから届けてきます。
今日は午後から雨との事ですけれど。

参考メモ
前に栗のむきかた・について書いている記事
★☆栗の渋皮煮・鬼皮のむきかた☆2011/10/19

おまけ、
シャッターを切るつもりじゃない時に写した写真っていつも楽しい
みんな、生きてるじゃないか
☆栗のむき方・柿の切り方☆_c0092953_11262311.jpg

【ただいまのBGM】
Story   /       AI

人気ブログランキングへ
↑↑Today's Runkは?★1日ワンクリック!いつもありがとうございます
★くつろげる空間・レシピ&アイディア色々
そして元気をいっぱい・お届けしたい!!★

★料理やハンドメイドレシピなどの人気記事を右カテゴリからリストで見られるようにしました★
右欄一番下に人気の作り方記事とリストへのリンクも置きました
【アンケート】**アンケートにご協力くださいな**
★幅広アームバンド・そしてアンケート★
★ティッシュケースをお使いですか?★

☆栗のむき方・柿の切り方☆_c0092953_539817.jpg

名前
URL
削除用パスワード
by gaya-san | 2012-10-17 11:26 | レシピ★料理 | Comments(0)