☆雑貨屋ガジャのオーナーブログです☆
  デザイナーです。パターンナーで、縫製人で
  雑貨屋で、時に料理人で、ケーキ屋で、
  そんな欲張りねーさんがレシピを載せつつおしゃべりをしています。
  オンラインショップLa moda de Gaya
  どうぞよろしくおねがい いたします。
Copyright ©2006-2018Gaya. All Rights Reserved.
  
☆クリスマスが終わっちゃう☆
c0092953_7161563.jpg
雑貨屋Gayaの雑貨たちが家々のクリスマスを飾り、
お客様が店内を楽しんでくれて、
たくさんの人の、クリスマスの思い出作りのお手伝いだ。

これはネットにアップする前に売れていったエンジェル君たち。
c0092953_7172887.jpg
メリークリスマス♪飾り方や、作り方、ヒントやアドバイスもたくさん差し上げる。
お気に入りのフローティングキャンドルスタンドを、
店の外からも見えるようにしてキャンドルを浮かべてみる。
c0092953_7182725.jpg
花もキャンドルも・・ツリーのディスプレイも、
自分の為だけでなくみんなに楽しんでもらえるのはすごく、いい。
たまに、わぁ~かわいい。と声がする。
通る人が立ち止まって眺めていく。
チビッコがガラスに張り付いていたりする。

2ヶ月近く、クリスマスだらけの中にいたけれど
もうすぐおしまい。
休日よりも休日の前日のほうがワクワクした、
あの気分と似ている
c0092953_7192281.jpg
店を閉めた後もしばらく、暗めの電気にして、クリスマスな店の雰囲気を存分に味わっておく。


←Today'sクリックありがとう★ショップもたくさんの方にご案内できますように★

c0092953_539817.jpg

# by gaya-san | 2007-12-24 07:24 | アトリエ紹介☆お仕事 | Comments(2)
  
☆表面カリッと、中はジューシー☆
スタッフィング入りで焼いた丸ごとの七面鳥に歓声のあがる瞬間。
クリスマスの思い出
人がたくさん集まってくれて、にぎやかな
ある時期のour homeでのパーティー。
料理、ケーキ、ワイン、ばかさわぎ。
若かった時期の懐かしい思い出。

さて、今年は丸鶏とまではいかずとも骨付きの腿肉を焼こう。
ケーキも作りましょうか。
山ほどあるすべき事の合間に、作りましょうか。

パーティーでのグリルチキン
一口大で焼いた時でもその美味しさにみんな感動してくれる。
作り方は骨付きでも、一口大でもおなじ。
鉄の分厚いフライパンが美味しさを逃さずに焼き上げてくれる。
c0092953_6535666.jpg
スタッフィングに凝って作る丸鶏に負けない美味しさ。

表面カリッと、中はジューシー。
そんなチキンソテー、作りましょ。

作り方、というよりもコツかな。
☆常温に戻しておく。
☆皮目に包丁で切れ目を入れておく。
☆オリーブオイルをまぶして休ませておくと
c0092953_6554437.jpg
より柔らかく仕上がる。(ハーブや、スパイスもここでプラス)
☆焼く間際に塩をすりこみそして小麦粉をまぶす。
☆強い火で焼き始め、途中は少々火を弱め、蓋をする。

この記事を書きながらまずは動け・・と↑ほらね、
チキンにオリーブオイルをまぶし、そして写真を撮った。
さぁ下ごしらえは済んだ。

小さい頃、誕生日祝いの日に、
子供のお皿にも一人ずつの半身の骨付きチキン。
それはとっても嬉しいご馳走だった。
その大事なしあわせな記憶が
今でもチキンソテーを私の中で、特別なものとして位置付けている。

記憶にはたくさんのおまけがつく
ある時は翌日に父がその骨のところで魔法のスープを作ってくれたり、
普段は行儀に厳しい父が、
手を使って食べるのが美味しいよと言ってくれたり・・

食べ物にまつわる記憶はいつもあたたかだなぁ。
くいしんぼうなり。我が人生。

これは21日の記事の棒つきチョコChoco Lollyの中身。
c0092953_76611.jpg
「クリスマスの思い出」 は、
ping送信でお世話になっているPingoo!の4回目おもしろブログ選手権のお題
いつのまにか、チキンつながりで誕生日の思い出まで話してしまった。

【ただいまのBGM】
  サイレントイヴ  /   辛島美登里
   この歌、カラオケで歌うの、好き。

←Today'sクリックありがとう★ショップもたくさんの方にご案内できますように★

c0092953_539817.jpg

# by gaya-san | 2007-12-24 07:07 | 今日の美味しい | Comments(2)
  
☆星の紙テープ(Germany)で、遊んでみる☆
★私の大好きな、カラフル紙テープ。
日本のは無地だし、けっこう地味ですよね。
これはmade in Germany。GAYAでしか買えないと思いますヨ。
まだドイツが二つに分かれていた頃の、西ドイツで作られた物。
c0092953_959196.jpg

何に使うの?とよく聞かれますが、ご自由にアイディアを膨らませてくださいナ。
何だかいろいろに使いたくなる楽しいテープです。
丸めた便箋にメッセージを書いたのを紙テープで巻いて
それが、パーティーのメニューとか。メッセージカードとか。
 そんな工夫もいいのでは?
★20センチくらいにカットして組んでみました。
まずは4つに組む
c0092953_958453.jpg
端を差し込むとこんな感じ
c0092953_9594461.jpg
★ふたつ作って乗せてみて。にぎやか。
c0092953_1001825.jpg
★こんどは25センチにカットして4本ずつ組んでみます。
c0092953_1092977.jpg
★これは蛇腹組み。小学生の頃これいっぱい作ってました。
c0092953_1081718.jpg
栞、作り方は今度お教えいたしましょうね。
c0092953_10173742.jpg

雑貨のアトリエ・La moda de Gaya ・紙テープのページ

←Today'sクリックありがとう★ショップもたくさんの方にご案内できますように★

c0092953_539817.jpg

# by gaya-san | 2007-12-22 10:20 | 商品&SHOP紹介 | Comments(0)
  
☆折り紙箱にプレゼントを♪作り方☆
さて、あと少しでクリスマス。
クリスマスの思い出 たくさんありますか?、小さい頃ワクワクしましたか?
実は私の小さい頃のクリスマスの記憶は人とはちょっと違っています。

さて、それは最後にまた続きを語ることにして・・・★
まずは、かわいい箱の作り方をご紹介しましょう。
クリスマスのラッピングペーパーで小さいのを作ってみました。
c0092953_78437.jpg
シルバーや金色の紙を混ぜて作っても素敵です。
と言うのはこれ、ユニット折紙。サイコロ型六面体は6枚の折り紙で組んであります。
組む時に、紐に鈴をつけて入れ込んだら素敵な音のするオーナメントになりますよ。
プレゼントを入れるのもいいかな。
折り方は簡単です。
さぁ!!行きましょう。
c0092953_7125465.jpg
6枚の紙を用意します。解りやすいように全部違う色で折りました。6枚とも同じに折りますよ。
c0092953_7144315.jpg
半分の折線をつけ その線に向かって両方から折ります
                一度開いて両端の隅を三角に折り、戻します。6枚とも同じ位置を折ってね
c0092953_7184977.jpg
この位置を三角に折り、癖をつけます  両側折ってください   図のように三角を下に入れ込みます
c0092953_722534.jpg
こんな風に出来たら、     あとは裏返して三角の部分を折り    しっかりと折り線をつけるだけ
c0092953_730126.jpg
途中段階のを順に並べてみましたよ。理解する材料になるといいですね
c0092953_730343.jpg
組む時は必ず縦横に組みます。それを忘れずに。  同じに折ってあれば差し込む場所があるはず。
c0092953_732529.jpg
まず4面を組んで安定させてしまいましょう。          ハイ、このとおり。
c0092953_7345431.jpg
5面目オレンジを組み  残り一枚を乗せ、鈴など入れるならここでネ   ハイ出来上がり

組み合わせ、いろいろな紙、色々な大きさ。楽しんでくださいね!!!

・・・★さて、クリスマス。
「神道なのにクリスマスなどやらん。」父の一言。それが我が家の考え方でした。
だから、ツリーもなし。

けれど、父のバースデーがちょうど、24日、イブの日だったので、
ケーキはちゃんと用意され、明るく美味しくパーティーの日でしたから、
子供の頃にクリスマスを楽しまないのを寂しいと思ったことはなかったのです。
ケーキも特別な時のものでしたから、それがあるのが幸せだったのでした。
ふふ。
時代も、今ほど何でも買ってもらえるのがあたりまえではなかった。
でも、誕生日は誰の時も、とても楽しいパーティーにしてくれて、
父の誕生日にも
プレゼントを何か・・と一生懸命カードを描いて、何か作って工夫したり。

この前、実家をかたづけている時に亡き父の箱の一つに、ありました・・。
その頃に、小さな私たちのあげたプレゼントがちゃーんとありました。
俳句だったり、短歌だったり、絵だったり折り紙だったり。

お月見団子や、ひな祭りのちらし寿司やおはぎや、鏡開きの茹であずきや
四季折々、ちゃんとしてくれた行事もたくさん心に残っています。

決して、金銭的に豊かではなかったけれど、
豊かな豊かな心をもてる風に育ててもらったんだなぁ
大人になって、ほんと、しみじみ、思います。

その頃にたくさん感動したり綺麗~と思ったりしたのが原体験で
今私は、こんな風にきれいなものを作る仕事をしているのかもネ
そんなことを思います。

そしてたくさんのそんな楽しさをたくさんたくさん
紹介したりお教えしたり、まわり中にお分けしたい。

雑貨屋ガジャの、一番みなさんに、お渡ししていきたいものも、
生活の中のヒントだったり、アイディアだったり、センスだったりします。

これからもどうぞよろしくネ・・と
あまりに長くなったので、しめにするといたしましょう。

今も、クリスマスは真剣にというのでなくてイベント楽しんじゃいましょ
楽しいことは沢山で生きましょうというくらいの気持。
日本の行事は心から本来の意味合いを知りつつ味わっていきます。
日本の心、大切にいたしましょうね。

ところで、小さい頃クリスマスをしなかった分、
なんと、今はこの時期、毎日がクリスマスです。
雑貨屋ですから11月あたりから店はクリスマスいっぱいで
音楽も一日中クリスマスソング。
  面白いなぁ・・・神様のいたずら。


【ただいまのBGM】
  永遠にともに  /  コブクロ

←Today'sクリックありがとう★ショップもたくさんの方にご案内できますように★

c0092953_539817.jpg

# by gaya-san | 2007-12-22 08:09 | レシピ★紙と折り紙 | Comments(4)
  
☆星だらけのセット・クリスマスキャンドル☆
ハートの籠入り。星を集めたプレゼントセット
星のものがいっぱい。キャンドル、マスコット、チビチビリース、大きめビーズ、
オーナメント、ちびホウキはおまけ。
c0092953_7473862.jpg
c0092953_7481639.jpg
中々味のあるサンタさんのキャンドル、3個セットになっていますヨ
c0092953_7493744.jpg
こちらはエンジェルキャンドル、これも3体セット。優しい表情なのです。
c0092953_750196.jpg

雑貨のアトリエ・La moda de Gaya
クリスマス > キャンドル&パーティー用グッズなどのページ


←Today'sクリックありがとう★ショップもたくさんの方にご案内できますように★

c0092953_539817.jpg

# by gaya-san | 2007-12-21 07:57 | 商品&SHOP紹介 | Comments(0)
  
☆折り紙の箱作り方・深い箱バージョン☆
最近、深い箱を便利に使っています。
商品を入れたり、プレゼントを入れたり、先ずはご覧下さいな。
包装紙で、表合わせにして2重で折ってあります。
50×70cmくらいの大きさの包装紙をそのまま使うと、この大きさ。
c0092953_6312712.jpg
持ち手をつけてみましたよ。
穴の開け場所によって使い勝手もデザインも変わって楽しいです。
これは斜めに。
c0092953_63359.jpg
毛糸を入れてみる、かわいいでしょう?
c0092953_6334867.jpg
ケーキを入れて差し入れに持っても行きました。

これは店でラッピングやリースつくりに使うリボンを入れてありました。
作りは、微妙に違う大きさで作ってふたつ重ねています。
なんとなくそこに挟んでみたランドリークリップ・・・・・
あ・・・・
リボンガイドになる・・と言う事に気づいた。偶然の閃き。
(リボンの端がわからなくならない&引き出しやすい・リボンボックスの役目ネ)
ということで、ほらね。
c0092953_6514437.jpg

さて、作り方です。
この折り方は最後に開くときにちょっときっと悩みます。
最後に底には三角の余分が出来ます。そこはしっかり折り癖をつけてつぶすのです。
慣れれば悩まずに開けると思います。

行きましょう。
c0092953_6562348.jpg
↑真中図・二つに折ります
↑右図・更に二つ折りして線をつけて開く
c0092953_752161.jpg
↑左図・つけた線に向かって三角に折る   
↑真中図・右図・四角い部分の一枚を半分迄折り更に、巻くように折る
c0092953_7114277.jpg
↑左図・裏返して中心線に向かって折る
↑真中図・半分迄折って
↑右図・更に巻くように折る。
(ちゃんと左図のピラピラに巻き込むと安定)

そして写真の位置に折り線をつける
ここからちょっと悩みますかしら
c0092953_71762.jpg

↑左図 解りやすいように2等分の印をつけてみました。
この作業は2等分の間になっている折線を付けることです。

↑真中図 手を入れて開き、Aでつけた折り線をガイドにしてつぶします。
この時、余分な三角が箱の底外側に、はみ出すのよね・・・
と意識しているとわかりやすいでしょう。

↑右図 はみ出した三角の根元と、各底辺の折線をきちんと付け直しながら整えます。
箱の形になったら中に手を入れて折り線をしっかりつけて形を落ち着けます。
はみ出した三角はどちら側かに倒します。(この三角の大きさが底の四角の半分ね)
c0092953_727596.jpg
できたかな?


←Today'sクリックありがとう★ショップもたくさんの方にご案内できますように★

c0092953_539817.jpg

# by gaya-san | 2007-12-21 07:39 | レシピ★紙と折り紙 | Comments(10)