☆雑貨屋ガジャのオーナーブログです☆
  デザイナーです。パターンナーで、縫製人で
  雑貨屋で、時に料理人で、ケーキ屋で、
  そんな欲張りねーさんがレシピを載せつつおしゃべりをしています。
  オンラインショップLa moda de Gaya
  どうぞよろしくおねがい いたします。
Copyright ©2006-2018Gaya. All Rights Reserved.
  
☆リフレッシュ3日間☆
ただいま。
2~3日留守にしていました。
叔父夫婦が那須塩原の家へのドライブに母を誘ってくれる際に
より母がくつろげるようにとのお心遣いで私も一緒にと提案してくださった。

開きかけだった道沿いの桜も東京近辺では帰りには満開。
車内から、思わぬお花見をも味わえて感激。
土手沿いに延々と続く桜の木にも豊かな気持をもらったり、
辛夷や梅やサンシュユ、菜の花、花蘇芳、
様々な自然の彩りを楽しんできました。

写真いろいろアップで長いですがどうぞごゆっくりお楽しみくださいませ。
何でもないものだったりですけれど
気持ちよさにフレッシュさに・・思わず撮影した物ばかり。

オオイヌノフグリが叔父宅の畑にいっぱい。野の草大好き。
c0092953_2038132.jpg


アジサイの芽↓                       蛙さん↓
生きるパワーが伝わってきますね            私に持ち上げられて困惑中
c0092953_20384244.jpgc0092953_20385778.jpg
















叔父はジャガイモの種芋蒔き中。かなり広い敷地に葱や、韮、タマネギ、キウイの木
ブルーベリーの木・・・いろいろ。
c0092953_20392648.jpg

↓黒い部分はモグラの仕業。掘り起こした土だと教わる。地面がほんわほんわ。
c0092953_20394235.jpg

ボケの蕾。那須はまだ気温が低いのでまだ固めの蕾。ボケの花好きです。
c0092953_2040732.jpg

c0092953_20402011.jpg

このヨモギで叔母と草餅を作った。柔らかくて若くていい蓬。
帰りの道の駅で二袋買って来た。いつでも草餅が作れるよう茹でて冷凍しておくのです。
c0092953_20405572.jpg

鹿の湯から上がっていったところの道、展望台と韃靼蕎麦を食べたお店。
山はまだ緑はないけれど枝と新芽のまえの息吹きで煙ったような色が綺麗
c0092953_20411590.jpg

ここには父の寄贈した書と共に父の筆字による説明書きがある。天皇の間記念公園。
c0092953_20413982.jpg


あまりに長くなっているので、ちょっと驚いたプチサボテン公園は次回アップ。
リフレッシュ3日間でした。感謝。

【ただいまのBGM】
  桜  /  コブクロ
この曲をある友人からの電話の着メロにしている。
久々に、携帯からこのメロディーが流れた。


←Today'sクリックありがとう★ショップもたくさんの方にご案内できますように★


c0092953_539817.jpg

# by gaya-san | 2007-04-03 20:47 | おでかけ・来訪 | Comments(0)
  
☆夏みかんの素敵なむき方☆
暖かくなったり冷えたり・お風邪引きませぬよう皆様。
三寒四温。この時期の言葉。まさにそんな風。
【最近のTV】
世界フィギュア東京、毎日録画。
フィギュアスケートを見るのがだ~~い好きだけれど
今見られない環境の母のために。
私も時々仕事をしながらチラリチラリ。
演技の時間は少しだけれど、
生活のすべての時間をそのことを
中心に追い込んでいく大変さを思いつつ見る
自分ももっともっと時間大事に使っていかねば・・と思いつつ・・見る
【今日の知ってるかな~?】
大きなミカン類のむき方
この剥き方はミカンを横に半分にして
皮の片方を入れ物に,片方を器にできる。
ちょっとステキな方法です。
慣れると剥き易いので
これを覚えてしまうとミカン剥くのがちょっと楽しくなりますよ。
   昔会社に所属してデザインしていた頃、
パターンナーの男性が教えてくれました。
c0092953_203232.jpg

①皮の上下の約半分の位置に皮の厚み分だけの切込みを一周入れていく。
  包丁の刃元(刃の一番持ち手に近い部分のカドね)を使います。
  (夏みかんに昔はついていたりした・・鳥の形のミカン剥きでもいいですね)
②切り込みに親指を入れてぐるっと一周、中の実の塊と、皮をはがす。
グレープフルーツの時は実が柔らかいので、小房に分けず、
二つに割るくらいで繋げたまま片側の中房皮をはがして中身をはずしていく。
これ、小房に分けてしまってボロボロにしてしまう人が多いみたい。

夏みかん、はっさく、文旦などしっかりめの実のミカンは
まず小房に分けて、
直線の部分を調理鋏でカットしてしまうと剥きやすいです。
④パーティーやお客様の時は↑右の写真のようにミカンの皮の器に盛って。
冷蔵庫に保存しておく時はこんな↓タッパーに入れてます。
c0092953_20151179.jpg

まとめていろんな物を直ぐ,食べられる形にして
冷蔵庫に入れておくととても便利。
食べるのも楽しい。サラダ作りもあっという間。

【今日の散歩道】
朝は雨でしたね。お彼岸もあけました。
これはこの間の散歩の時見つけたお寺さん。
ぼたもち地蔵と書いてある。
c0092953_20292661.jpg


ぼた餅・おはぎ・・・・この2種の呼び方。同じ物だけれど、
(中がお餅になっているかでも違うとなっていた頃もあるみたい)
お彼岸の頃には牡丹が咲く。秋の頃には萩が咲く。
そんな花の名前で呼ばれたようですね。
実は夏と冬の分にも呼び名があったらしい。
御餅は搗く時音がして掛け声もかかり、搗けば近所にわかるけれど
おはぎは音がしないのでわからない・・そんなことからの風流な名前らしいですね。
あらら、いつ作られました?っていうことで。
夏(夜船)「いつ搗く(着く)かわからない」
冬(北窓)「搗く(月)が見えない」
【昨日のパーティー】
昨夜は友人の還暦のお祝いパーティー。
甘い物好きと知っているみんながプレゼントした物がすごい事になっていた。
両手で抱えきれないくらいおおきなドラ焼きもあったし、
大きな箱いっぱいのドーナッツもあった・・
年齢もいろいろ、
つながりは、昔からの新宿での飲み仲間なだけなわけだけれど、
誰かのお祝い、病気、最期の時、
どんな時にもみんな暖かい。ずっと長い時間繋がりは続いていて深い。
【ただいまのBGM】
 レーナ・マリア  /  ホエン・ユー・ビリーヴ

←Today'sクリックありがとう★ショップもたくさんの方にご案内できますように★


c0092953_539817.jpg

# by gaya-san | 2007-03-25 20:46 | アイディア★生活のヒント | Comments(4)
  
☆「折りびな」おひなさま☆
近所の岡埜さんの草餅と桜餅。
このお店では雛あられも昔からのつくりかたで作ったオリジナルです。
写真のあられは日東のひなあられ。これも中々美味しくて好きです。
あられの入っている器は宇野千代さんブランドの湯のみ~。
c0092953_15502324.jpg

近所の好きな民芸陶器屋さんのディスプレイ。陶器のネコのお雛様。
お値段を見たら19000円くらいだった。
なんだかほんわか表情な、お雛様なのです。
c0092953_15505390.jpg

はい、昨日具を作っていたちらし寿司。美味しくいただきました。
家主さん宅にもすこ~~しおすそ分け。
c0092953_15511629.jpg


ディスプレイの折りびな。
私の持っている本はこれです
c0092953_15494257.jpg


「折りびな」私の持っている本は福音館書店から出ているいまは絶版となっている本です。

この雛の折り方は田中サタさんが武藤喜邦先生から教えられ、
先生は、嵯峨千代さんから教わり、そして創始者は不明らしいと
「折りびな」のあとがきには書かれています。
日本の伝承折り紙のおりかたはほとんどがそうして作者は不明だけれど
伝えられてきていると。

この本が作られたきっかけは田中サタさんが外国への旅にでる石井桃子さんに、
たとう にいれた雛のワンセットをプレゼントした事からだそうです。
そして、石井桃子さんの著書「三月 ひなの月」と言う絵本の表紙には
この雛をかたどって描いた朝倉 摂さんの挿絵が使われ、
問い合わせや反響が多く、

そのことによって
田中サタさんが図解しながらこの雛の折り方の解説をするというお仕事にとりかかられた。
そんなふうにしてうまれた本のようです。

絶版になっている今は自費出版で三人会というところから
「折りひな」と題して出されているようですね。

検索していたら、この本についてやはり探されたり調べられたりで
そのあたりのことがいろいろにかかれているブログを見つけました。
ここ(昨年の記事のようです
    こちらからご覧いただけます→★★


2013.2.25追記@HOMEさんがこのブログを現在非公開にされていて、
お願いに上がりましたところ、一時公開してくださり
evernoteにクリップして該当記事をお見せする許可をいただきました。
上記★★へのリンクをクリックで、ご覧いただけます。


追記:この記事を書いた後本を元のところにしまうときに見つけた。
「折りびな」のコピー-風臨時再販バージョン。
もう一冊買っておきたいと思って見つからずこれを見つけて買ってあったものと思う。

前書きのところにはこうあります。(以下転載)
「おわび
 福音館書店発行「おりびな」を再販すべきところ、著者田中サタ昨夏以来病気にて、
今春おひなさまの季節にまに合わず、とりあえず一時、その中より男ひな女ひな
三人官女五人ばやしの折り方をプリントいたしました。
愛読者の皆様に深くおわびいたします。
                 福音館書店並びに 田中サタ」
裏表紙には
1980年2月   500部限定   頒価 ¥300
           このあとに田中サタさん住所&電話番号
___
2013.2.25追記
2012年の12月に。新版 「折りびな」として新版で復刊しています。

「新版」折りびなの「絵本の店・星の子」さんのサイトでの紹介→
「絵本の店・星の子」さんサイト→

伝えられた物がまた伝えられていく
そんな風に古くからのいいものが引き継がれていくのもいいものです。
昔、国分寺の小さなお店でこのお雛様を見つけ、店主のおばちゃまと同じ物を知っていて作る者同士、ちょっと話がもりあがってしまったことなども
思い出されます。
そして私の折ったセットも、老舗のてんぷらやさんのディスプレイに、
父の知り合いのところへ・・とあちこちで、今はどうなっているだろうな
と思いを馳せたりします。

単純ではないだけに折ることも手がかかりますけれど
折あげたときの喜びもまた大きいかもしれませんね。
そして毎年出して楽しむ嬉しさがある。
そんな大事なお雛様です。

【ただいまのBGM】
  うれしい!たのしい!大好き!  /  DREAMS COME TRUE


←Today'sクリックありがとう★ショップもたくさんの方にご案内できますように★


c0092953_539817.jpg

# by gaya-san | 2007-03-04 00:21 | レシピ★紙と折り紙 | Comments(12)
  
☆あかりをつけましょ☆
雛祭り
小さい頃の雛祭りは父がレコードをかけてくれて
その音楽と歌がいまだに心の中で再現される。
レコードに渦巻き模様のついているのがあって、ぐるぐる回る渦巻きを
歌を聴きながらじっと見つめていたのを思い出す。

これは五人囃子までひとりひとりちゃんと千代紙で折った お雛様セット
ただいまのアトリエのディスプレイ。
c0092953_15523982.jpg


雛祭りにはちらし寿司。
前日から具の準備なのです。
c0092953_1553114.jpg


今日は、ご実家から送られてきたおおきな文旦をもって友人が寄ってくれた。
美味しい美味しい。

そして仕事仕事~さぁ、がんばろう。

【ただいまのBGM】
  うれしいひな祭り  /  川田孝子  コロムビアゆりかご会
                         コロムビアオーケストラ
   作詞者 サトウハチロー 作曲者 河村 光陽  編曲 海沼 実
懐かしいレコード。実家にあった物。コロムビアレコード78rpm
持っているこのレコードには作詞は上記のようになっていました。

検索してみて、これの作詞が山野三郎 となっているのを見て調べた。
これはいくつかある、サトウハチローの別名の一つなんですね。
ブログに書いたりする時は
間違ったことを書かぬよういろいろ確認検索をするそしてまた、
自分も今まで気づかなかった事に気づいたり知らなかった事を知ったりする。


←Today'sクリックありがとう★ショップもたくさんの方にご案内できますように★

c0092953_539817.jpg

# by gaya-san | 2007-03-02 20:08 | 行事・季節の事 | Comments(2)
  
☆ドライパセリの作り方☆

【今日のレセピ】
ドライパセリの作り方
一束買っても使い切らない方多くないですか?
私はおお~~~きな束を買って、ドライパセリにしておきます。
パスタに、チキン料理に、様々なソースに、スープに、重宝します。

まず、パセリ、洗います。そして乾かしておきます
c0092953_2274730.jpg
葉っぱの部分だけちぎって、キッチンペーパーの上におきます。
ちゃんと乾燥させるためにはほどほどの量ずつネ。
電子レンジ強、ラップをせずに3分~~6分様子を見ながら。
★電子レンジの傍を離れずに居て下さいね
電子レンジの調子、パセリの乾きぐあいなどで
何があるか解らないので、もし発火したりしたらすぐにとめられるように。
乾いたものをする時はいつも心がけましょう
c0092953_2295424.jpg
網の上で完全に水分を飛ばします
c0092953_2312086.jpg
新しいペーパーに移してクシュクシュッ
c0092953_22222476.jpg
段々細かくなりますね
c0092953_2324927.jpg
茎の部分はブーケガルニ用に保存。ポトフやスープに使いましょ。
c0092953_22255455.jpg
さぁ、パッキングして
c0092953_2342916.jpg
冷凍庫にしまいこみましょう。
これでいつでも美味しく香りのいいパセリを使えます
c0092953_22273241.jpg


【今日のお奨め】
カナダのチョコレート。
ドライストロベリーにホワイトチョコのコーティング。チビチビな大きさがなかなかいい。
c0092953_151862.jpg



【ただいまのBGM】
    メモリー  /    サラ・ブライトマン

←Today'sクリックありがとう★ショップもたくさんの方にご案内できますように★


c0092953_539817.jpg

# by gaya-san | 2007-02-25 22:34 | レシピ★料理 | Comments(0)
  
☆ひさびさ高円寺☆
あたたかな一日
風邪を治そうと今回はひたすら眠った。
しかし・寝てばかりでは風邪は治らないってことで
今日は自転車でびゅんびゅん。久々高円寺のあたりへ。

すごく変ってた。サンジェルマンが無くなり、CDショップは宝くじ売り場になり
駅前の焼き鳥屋「大将」は貸していた2階をまた自店舗として復活させていた。

昔々ネ、駅のあたりでウロウロしていると
この大将、2階で飲んでいる友人に大声で呼ばれたりしたものだ。
高円寺界隈は本当に若い頃の思い出がいっぱい詰まっていて懐かしい。

この小路の市場。好きです。高円寺の路地裏は中々魅力的である。
c0092953_3224345.jpg

八百屋さんも肉屋さんも魚屋さんも総菜屋さんも乾物屋さんもある
それも何軒も。

これ乾物屋さん
c0092953_3232335.jpg


量り売りだよ。この間久々に荻窪に行ったときもすごいショックを受けた。
好きだった乾物屋さんも貝専門店もなくなってた。2年位前から無かったんだそうだ。
何よりもショックだったのは自分がそれだけ、最近動いて無かったってこと。

陽射しの中でがきれい~~。う~~ん外はやっぱりいい。
c0092953_6404925.jpg


はい、おまけ。地名の由来の「宿鳳山 高円寺」
c0092953_3242738.jpg



【ただいまのBGM】
  道  /   EXILE

←Today'sクリックありがとう★ショップもたくさんの方にご案内できますように★

c0092953_539817.jpg

# by gaya-san | 2007-02-21 21:27 | おでかけ・来訪 | Comments(2)